プジョー盛岡
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
《後編》ですよ。アルゴス登山部 ついに岩手山へ
[2018/11/17]
P7270009.jpg
岩手山登山7.jpg
いつもプジョー盛岡スタッフブログをご覧くださり、ありがとうございます。


朝ドラ大好き小松です。
最近、”食欲の秋”のおかげで私の食欲が止まりません。
今回の朝ドラの福ちゃんも、
「幸せになれる一番手っ取り早い方法は美味しいものを食べることかも」と言っています。
「だから~~~~。」とドラマを観ながら共感してしまいました笑。
食欲の秋さん、ありがとうございます。
身になっております。


さて、皆さま待ちに待った岩手山ブログ《後編》のお時間です。
(えっ、待ってない?)


まだ、ご覧になってない方はこちらからどうぞ。



下りは、鬼ヶ城と呼ばれるスリリングな岩陵帯からの網張温泉に降りる網張コースです。


上りの柳沢コースだと急なところがあったので転んでケガをしては大変だ。と岡田リーダーの提案で
時間はたっぷりあったので網張温泉に下りるコースにしました。


さて、自分たちで沸かしたお湯で作ったカップラーメンを食べ(ちょっとぬるめ笑。)
元気になったところで、さて後半戦スタート。
と気合十分で歩き始めて1秒。あれ、左ひざがおかしい。
あれっ、痛い?軽く痛い?
ううん、痛~い。ガーン。
そう、カップラを食べながら、あれー?とは思っていたんです笑。
気付かないふりをしていましたが、やっぱり痛かったー。

ひざ痛い宣言をし、優男2人に待ってもらいテーピングをしました。
高校時代を思い出し、バスケ部のマネージャーが選手にやってくれていたテーピングを必死に思い出し、
自力でガッチガチに固めてみました。
すると、どうでしょう。痛くない。
本当に嘘のように痛くな~い。
テーピング最強説。

ひざ痛くない宣言をし、本当の後半戦スタートです。

 
岩手山登山15.JPG
るんるん。

こちらのコースは、長いコースでしたが、景色が本当にきれいで下り5時間歩きましたが笑、
とっても気持ちの良いコースでした。
もちろん、鬼ヶ城と呼ばれる崖&崖でスリリングなところもありましたよ。

こんなところや、
 
岩手山登山16.JPG
こんなところ。あわわ。
 
岩手山登山23.JPG
そして、こんなところも。おろろろ。
(合言葉は、「安全に。安全に。」)
 
岩手山登山22.JPG
キャーキャー言いながら全力で下りました笑。
皆さんに見てほしい。私のこの頑張りを。ひとりじゃ絶対ここには来れなかった。
(そして、いっぱい写真を撮ってくれた岡田リーダーにサンキューです。)


後ろを歩いてくれていた工場長は、私が下りるのを待って、ひょいひょひょいっと上手に下ります。
工場長:「あー、楽しいねー。いやっほー。」

まさにやんちゃ坊主。
(けど根は真面目なので安全やんちゃ坊主。)

崖ゾーンを歩いていくと、こんなにきれいな景色が見られました。
 
岩手山登山18.JPG
るんるん。
 
岩手山登山25.jpg
るんるんるん。

わー。きれいだー。清々しいなー。
ここに来ないと見られない景色ばかりです。
”心が洗われる” とはこのことですね。


 
岩手山登山19.JPG
最後は、網張スキー場のリフトを乗り継いで無事に下山です。


アルゴス登山部員にたくさん助けてもらって、
「こんな私でもできたんだ。」と感動しました。(真面目。)
そして、お山の澄んだ空気に本当に癒されてました。
今回の登山はたくさんのことを学んで、感じることのできた登山でした。(とっても真面目。)

次回は、来年またあたたか~くなったらですね。

長い長いブログをご覧いただき、ありがとうございました。



登って感動。
下りて感謝。



サンキュー小松でした。
(こんなに長文を最後まで読んでくださった方は、
明日いいことあると思います。)